T500 メモリ増設 交換手順

ThinkPad T500 メモリ増設・交換手順

今使っているT500のモデルは、2082-A29です。
買った当初は2GBのメモリが1枚の実装だったので、一度2GBを追加して4GBで使っています。
結構きれいなので、それなりに気に入っています(^^

 

T500

 

特に難しくないメモリ交換作業ですが、静電気にはくれぐれも気をつけましょう。
まず、お決まりのバッテリーを外して、黄色丸印のネジ4本を外します。

 

T500 裏面

 

キーボードも外す場合は、赤色丸印も入れて5本です。
T60、T61、T500あたりは、どの機種でもお決まりのネジ5本ですw
メモリ交換だけの人は、パームレストを外すだけなので、黄色丸印4本だけでOKです。

 

パームレストを外します。
個体差はあるかもしれませんが、私のT500はわりと簡単に外れました。

 

右下(ThinkPadロゴの裏あたり)のツメが若干外れにくいようです。

 

T500 パームレスト

 

中古なら一度くらいは取り外しされているでしょうから、難くは無いと思います。
T500はツメの噛み込みも大きくないので、T60やT61より神経質になることは無いです。

 

パームレストが起こせるので、立ててみました。
矢印の白いフィルムを上に引っ張れば、パームレストは簡単に外れます。

 

パームレスト 裏面

 

メモリは、写真矢印の金具を横に弾くと、上にぴょこんと上がってきます。

 

T500 メモリー 上

 

手前にまっすぐに抜き差しすればOKです。
今回は2枚とも交換しますので、2枚とも外します。
下の段も同じように金具を横にスライドさせればOKです。

 

T500 メモリー 下

 

今回入手した交換品はこれ。

 

Transcend メモリ 4GB

 

Transcendのメモリー4GBが2枚です。
えっ?32bitなのに8GB積むの?
と思うでしょうが(私も思うw)、叩き売りに近い状態で安かったので、つい買っちゃいましたw

 

1枚1,500円弱、2枚で3,000円しないんだから、さすがにもう底値だよね。
将来的に64bitにするかもしれないし、使わない5GB分はラムディスクにできるので、これはこれでアリです。
たとえこれ以上安くなったとしても、この価格なら別に悔しくは無いです。

 

で、メモリを挿し込んだら元の状態にメモリを倒すだけで、金具がパチンとはまります。
真ん中の赤色矢印を押すだけでOKです。
真ん中だけではまりにくければ、両サイド黄色矢印2ヶ所あたりを押し込むと良いでしょう。

 

T500 メモリ取り付け 下段

 

しっかりメモリが収まっていないと、押し倒すことができないので、その時はもう一度挿しなおしてみましょう。

 

で、もう一枚も黄色矢印を押し込んで装着。
上にある銅箔で受け側のコネクタが見えにくいですが、しっかり挿し込みましょう。

 

T500 メモリ取り付け 上段

 

ムダに8GB装着完了ですw
あとは、逆の手順で元に戻せばOKです。

元に戻す手順

せっかくなので、珍しく戻す手順も載せておきましょう。
取り立てて書くほどのことも無いんですけどね。

 

マニュアル手順どおりパームレストをはめます。
パームレストのフィルムケーブル(黄色矢印)を押し込んで取り付けます(写真同じでごめん。。。)。

 

パームレスト 取り付け

 

ケーブルを取り付けたら、キーボード側を差し込んでから、手前側をパチンとはめ込むみたいです。
ここだけT60とちょっと違うみたいですね。
マニュアルにそう書いてあるから、そうしてみた。

 

パームレスト はめ込み

 

うん、その通り。
でもT60同様に手前からはめても別に問題ないけどw

 

マニュアル手順どおりやると、パームレストの手前側が、パチン!パチン!とはまるので気持ちはいいですね。

 

パームレストをはめたら、普通は裏返してネジをとめるのです(マニュアルにもそう書いてある)が、私は裏返さずにPC本体を横に立てて、ネジを締め付けることが多いです。

 

T500 縦置き

 

この体勢なら片手でパームレストを抑えながらネジを締め付けることができます。

 

裏返してしまうとパームレストがネジ穴から浮いてしまって、締め付けにくい個体もあります。
そういう場合は少し浮かして、片手でパームレストを抑えながらネジを締め付けると良いでしょう。

 

キーボードを外した時も、こうやるとネジを締めやすいですね。
この体勢でパームレストを片手で抑えながらネジを締め付けると、ネジ穴にも負担が掛からず、ネジ穴がバカになることもないです。

 

ThinkPadはマニュアルがあって便利ですが、マニュアルにはこういう細かいことは書いていないので、自分でやりやすい方法を見つけるのも一つの楽しみだと思います。

 

昔は情報などほとんど無かったので、すべて自分で考えながら分解したものです。
え〜っと、話が逸れましたw

 

ネジ穴がバカにならないように裏面のネジを締めたら終わりですね。
あまり細かいことを言ってもアレですがw、ネジを締める基本は外側からです。

 

ネジを締める順番

 

この写真で言えば、1→2→3→4 か、2→1→4→3 の順番ですね。
2回繰り返して、最初は仮締め、2回目に本締めって感じです。
まぁ、私はネジなんて締まればどうでもいいです(^^;
気になる方は、ネジの話へどうぞ。

 

メモリを認識しているか、一応BIOSで確認してみました。

 

BIOSの確認

 

大丈夫みたいです(^^
あとはラムディスクを導入するなり、64bitにするなりして有効に使えばいいでしょう。

 

中古パソコンの購入を考えている方は、T500やR500のようなThinkPadに限らず、PC3-8500(DDR3-1066) のメモリを使う機種が今後もっと多く出回ると思うので、今のうちに安いメモリを買っておくのもいいかもしれませんね。

 

お遊び用にR500でも買おうかな・・・(笑)

T500 メモリ増設 交換手順・関連記事

T500 HDD 換装手順
簡単すぎてほとんど書くことが無いThinkPad T500のHDD換装手順ですw
WinXP クリーンインストール
ThinkPad T500にWindowsXPをクリーンインストールするために必要な作業です。一度CD作っちゃえば楽です(^^
T500の使用感と液晶
ThinkPad T500を使ってみた感想です。スペックのメリットはあるのですが、液晶が・・・。
T500の分解
ThinkPad T500を分解してみました。キーボード、メモリ、ファンアッセンブリ、CPUの交換・換装あたりが参考になるかな(^^;
無線LANカードを交換
ThinkPad T500の内蔵ワイヤレスLANカードを「Intel WiMAX/WiFi Link 5350」に交換してみました。

ホーム ThinkPad T60 ThinkPad T61 ThinkPad T500 ThinkPadのパーツ リンク