EIZO Flex Scan L887

EIZO Flex Scan L887 を選んだ理由

このL887という液晶モニターは元々購入意思はそれほどありませんでした。

 

アドバンスドミニドックを買ったあとで、机にスペースもあるし引越しを機にせっかくなら外付けモニターも試してみよう、ということで購入したものです。

 

EIZO Flex Scan L887

 

試しに買ったとはいえ、機種の選定には、やはりノートPCと同じくギラつきが少ないことを一番に考えました。

 

新品だとワイドになってしまうので、今回は最初から中古品狙いです。
まあ、昔から仕事上ナナオは知っていましたし、三菱は実際ハデ目な印象があったので、それほど機種を迷うことも無かったです(^^;

 

ただ、解像度がSXGA+という外部モニターはまず無いので、UXGAという選択になります。
(WSXGA+ならありますが、無駄に横が広いモノは必要ありません(^^;)

 

最初は同じナナオのL997が欲しいと思いましたが、未だ現行機のようなので中古でも価格が高く、コスパを考えるとL887に落ち着きました。
購入時期は2010年の暮れでしたが、3,000時間超のモノを2万円台で買えました。

 

実際にL887を使ってみると、私のようなかなりギラつきに目が弱い人でも十分満足できる商品です。

 

ドットピッチは、今ノートPCで流行りの15.6ワイド1366×768と同じくらいになります。
文字の大きさに関して言えば、このくだらない仕様のノートPCを若干遠目から見る感じですねw

 

20.1インチUXGAドットピッチ0.255mm99.5ppiで、モニターと目の距離を考えても私にはちょうどいいくらいの大きさです。

 

当たり前ですが、T60の15インチSXGA+よりもさすがに見やすいです(笑)。
一日中作業してもまったく大丈夫です(^^

 

T60などの14〜15インチクラスのSXGA+のノートPCを使っている人には、わりとピッタリくる液晶モニターだと思います。

 

ドットピッチ的に考えて、17〜18インチくらいの解像度SXGA+の外部モニターが存在すればコンパクトでいいんですけどね。

 

まあ、やはりワイドにしなくて良かったと思います。
これ以上横が広くなっても、目線を動かすだけでは画面上をカバーしきれないように思いますし。

 

いくつものアプリ画面などを同時に表示したい人にはワイドのほうがいいでしょうけど、あまり二つのことを同時にする必要が無い私にはL887で十分です。

 

このL887があることで、ギラつきに関してT60よりも劣るT500を買えた気もします。
せっかくT500を買ったのでメインで使っていますが、普段は外付けモニターL887で作業して、T500単体では1〜2時間くらいしか使わないですので、まだ我慢できる範囲です。
T500単体で一日使うとなると、私にはそれはもう地獄でしょうけどw

 

L887を購入したおかげでいつでもハイスペックのデスクトップに移行できるのですが、さすがにノートPCの使い勝手には敵いません。

 

デスクトップだと停電対策もしないといけないし、液晶モニターが壊れたら結構大変なことになりそうですし・・・。

 

そうは言ってもノートPCの液晶の復活も無理そうですし、ずっとノートPCを使ってきている目が弱い人は、今後は単体モニターの動向も気にしていかなければならない時代になっていくのでしょうか。
とりあえず三菱、日立、NEC、ナナオにはもうしばらく頑張ってもらうしかないですね。

 

少し古い記事ですが、素晴らしい記事を見つけました。私の感覚にわりと近いです。中古液晶モニターを探すには十分参考になると思います。
http://www7a.biglobe.ne.jp/~what/lcd/

光沢or非光沢?

一般的に非光沢だから目が疲れないとか、光沢だから目が疲れるとか言われていますが、私はもうちょっと細かく考えています。

 

グレア(光沢)でも昔のVAIOのように、質の良い偏光フィルターが使われていて高度な表面処理を施した機種には、映り込みやギラつきが少ない目が疲れないモニターはありました。
反対に、ノングレアでも目が疲れるモニターがあふれているのはご承知のとおりです。

 

最近はノートPCのグレア液晶のコーティングにまったく見るべきものが無く、目が疲れにくいモニターはノングレアの中の一部にしか無い、ということで一般的にノングレアのほうが目が疲れない、というような言い回しになってきているんだと思います。

 

よって、けっして非光沢モニターを選んでおけば目が疲れない、ということはないですので、特に私のようなギラつきに目が弱い方は、非光沢だからといって安易にノートPCや液晶モニターを選ばないようにしていただきたいものです。

 

現状のノートPCにおいては、光沢液晶のコーティングにまったく期待できない以上、非光沢液晶モニター搭載PCというのは、目が弱い人にとって最低条件になりつつある、というだけのことだと思います。

 

最近はThinkPadをはじめ、ビジネス用ノートPCを展示しているお店はほとんど無いので、目が弱い人にとって機種選びはギャンブルに近い時代になってしまいました。

 

私はT60でも満足ですが、どうしてもT60などでは満足できず、もっとハイスペックなノートPCが必要な方は、普段はL887のような目に負担が少ない外部モニターを使うようにして、極力目の負担を減らすのも一考だと思います。

 

そんなこんなで今やアドバンスドミニドック周りでの一番のお気に入りは、お試しで買ったこの外付けモニターL887になりましたw

 

L887 背面

 

L887 端子

流行のHDMI端子はありませんが、DVI入力があるので、ドックで使う分にはこれでちょうどいい仕様だったりします(音声無いのでHDMI必要無いし)。

 

どうせT500やT60やドックにもHDMI端子なんてありませんし、ちょうどモニターとPCの世代が合っているのだと思います。

 

PC本体に続き、またもや中古での購入でしたが、目が疲れないという点とコスパを考えると、このL887は最高だと思います(^^

EIZO Flex Scan L887 の感想・関連記事

セカンドHDDアダプタ
ThinkPadで使用するパーツ、セカンドHDDアダプタのことについてのお話です。
アドバンスド・ミニ・ドック
ThinkPadで使用する周辺機器、アドバンスド・ミニ・ドック250410Jのことについてのお話です。
ネジのお話
ThinkPadのみならず、パソコンに付き物のネジに関するお話です。
リファービッシュHDDを試す
リフレッシュHDDとも言う流行のリファービッシュHDDをThinkPadで試してみました。

ホーム ThinkPad T60 ThinkPad T61 ThinkPad T500 ThinkPadのパーツ リンク